株式会社物理計測コンサルタント

会社案内図
会社情報 業務内容 温泉・地下水 Company Outline お問い合わせ ホーム
会社概要
 
基本装置
業務内容 >> スリックライン >> 基本装置

地上装置 スリックライン・ツールストリング

基本装置
地上装置
 スリックライン作業は高い圧力の孔内で実施されます。
 そのため、圧力を密閉するための装置が必要です。
 図はその典型的な例で、頂上部でピアノ線をシールするスタフィングボックス、その下にスリックライン・ツールストリングを収納する小径のリューブリケータ、さらにその下に、ツールストリングに接続する各種の操作機器を収納するための大径のリューブリケータの順に組み立てられます。
 ウェルヘッドの上にスリックラインBOPがセットされ、その上にリューブリケータが接続されます。

 ピアノ線はスタフィングボックスから同プーリ、さらにヘイプーリを通って測定ユニットのカウンタープーリに巻き付けた後、ピアノ線のリールドラムに巻き取られます。
 ヘイプーリにはロードセルを付けてウェルヘッドに固定します。
 このロードセルでピアノ線の張力を、リールドラム直前のカウンタープーリでツールスの深度をモニタします。
地上装置
地上装置

ページトップへ ▲

基本装置
スリックライン・ツールストリング
イメージ図

 スリックライン作業を実施する際、必ず使われるツールスが右図に示したツールストリングです。
 孔内の圧力・傾斜や作業の種類等によってステムの本数を加減して慣性質量を調整します。
 高傾斜井等ではナックルジョイントを接続して目的の孔内ツールスまで通過し易くします。

  図のプリングツールスの位置に各種のツールスが接続されます。
 例えば、温度圧力測定ツールスを接続すれば温度圧力の計測が、また、ランニングツールスにプラグやロッキングマンドレル等を接続して所定の位置にセットすることも、同じツールストリングで実施できます。

ページトップへ ▲
 
個人情報の取り扱いについて採用情報サイトマップ
© 2001 Geophysical Surveying Co., Ltd. All Right Reserved