物理検層坑井内火薬作業
(坑井仕上げ・改修)

EXPLOSIVE SERVICE坑井内火薬作業(坑井仕上げ・改修)

物理検層

成型加工された火薬(油井用火工品)を坑内に降下し、動作させるサービスです。作業目的に応じてさまざまな火薬、ツールを使用します。坑井の仕上・改修にかかるケーシング穿孔作業、掘削中のトラブル解消にかかるパイプリカバリー作業、弾性波探査等の調査にかかる作業(坑内震源)などを安全・確実に実施します。また、作業の実施に必要な火薬類取締法に基づく火薬類の使用許可申請も承ります。

主な種目

ジェットパーフォレーター

ジェットパーフォレーターは、成型した爆薬が爆轟する際に発生するジェット(モンロー/ノイマン効果)を利用し、ケーシング等の鉄管へ穿孔を行う火工品です。ジェットパーフォレーターは電気雷管、導爆線、穿孔を行うチャージとこれらを保持するキャリアから構成されます。アーマードケーブルに接続されたパーフォレーターを穿孔目的深度まで降下し、地上からの発射信号で電気雷管を起爆させることにより穿孔が行われます。パーフォレーターはセメンチングされたケーシングにおいても容易に坑井内と地層間に流路を作り出すことができます。
ジェットパーフォレーターは、石油・ガス、温泉、地下水等の地下流体の産出流路、地層への流体圧入流路確保の目的で広く用いられています。

ジェットパーフォレーターは使用目的により、穿孔経(6~20mm)、穿孔長(10~130cm)、穿孔密度(~40発/m)を選択することができます。一回の作業で3~6mの区間への穿孔が可能です。

バックオフ

バックオフとは、坑井内で抑留された掘管(鉄管)の抑留深度より上部の自由な鉄管のジョイント部(鉄管のつなぎ目のねじ部)に導爆線の発破により衝撃を与え、ねじを戻して鉄管を回収する作業です。バックオフツールは数条に束ねた導爆線を固定した支持金属棒、その上端の電気雷管、鉄管のつなぎ目を検知するケーシング・カラー・ロケーター(CCL)によって構成されます。地上より鉄管にあらかじめ左トルクを掛けた状態にしておき、目的深度までバックオフツールを降下します。目的深度に達したら電気雷管により導爆線を起爆させ鉄管に衝撃をあたえます。この衝撃により左トルクの掛けられていた発破個所の近くのジョント部が戻され、切り離されます。バックオフでジョイント部が戻らない場合は、ジェットカッターやセバリングツールなどにより鉄管を切断あるいは破壊する手法がとられることになります。

ブリッジプラグ

坑井の深部からの地層流体(石油・ガス、地熱流体なと)の流れ込みを遮断するための坑内装置です。坑井を廃坑するとき、あるいは休止井とするときなどにケーシングがセットされている坑井で使われます。高圧ガスを発生する火工品(パワーチャージ)に電気雷管をセットしたセッティングツールにブリッジプラグを取り付け、検層ケーブルによって坑内の目的深度に降下します。地上からの電気信号によりパワーチャージを燃焼させることにより生じた高圧ガスにより油圧ピストンを動作させ、ブリッジ・プラグのラバーを孔壁に密着させ、プラグが移動しないようにスリップを効かせます。

火薬類の消費について

当社では火薬作業に従事するすべての作業員が国家資格である「火薬類取扱保安責任者」を有しています。火薬類取扱に関する法規と技術に精通し、多くの経験を有するスペシャリストが、許可申請から火薬類消費まで、一連の業務を安全・迅速・確実に提供します。

消費に関する申請
火薬類を現場で消費(火薬作業)するには事前に消費場所を管轄する都道府県より許可を得る必要があります。許可は、消費場所が鉱山保安法の対象となる鉱山と、これに該当しない場合で異なります。

火薬類保管場所
火薬類の消費(許可申請を含む)に際しては、消費場所近くに火薬類を保管する施設(一般には火薬店)を確保し、安全に火薬類の保管を行います。

火薬類運搬
火薬類は、新潟県長岡市にある当社提携の火薬庫より消費場所近くの火薬店に運搬され、現場での消費毎に火薬店より消費場所に運搬されます。火薬類の運搬は、車両、鉄道、船舶等を用い、適用される法令を遵守し安全に行われます。