長期モニタリング温泉モニタリング

HOT SPRING MONITORING温泉モニタリング

長期モニタリング

日本には、3千を越す温泉地とこれに温泉を供給する2万7千の源泉が存在します。温泉モニタリングは、温泉の湧出状況を連続測定することで、枯渇や泉質低下等の異常兆候を早期に検知することができます。モニタリング情報を基に適切な対策を講じることにより、安定的な温泉維持が可能となります。
当社は、物理検層、掘削モニタリングで培った技術を用い、様々な状況に対応できる温泉モニタリングをサービス展開しています。
温泉モニタリングで最も重要なパラメーターである温度、流量情報のほか、電気伝導度、水素イオン指数(pH)、水位、源泉画像等を連続測定し、インターネット経由で測定データをリアルタイムに閲覧できるシステムを提供しています。
温泉モニタリングは、測定対象となる温泉毎に測定環境が異なります。当社は、自然湧出泉、掘削自噴泉、掘削揚湯泉、送湯管、貯湯タンク等、多様な測定環境における測定経験を有しており、測定対象毎に最適な測定システムをデザインし正確なデータを提供します。
温泉モニタリングで使用されるデータ収録・伝送装置(SDTS:Small Data Transfer System)は、自社開発した装置です。SDTSの特徴は、以下が挙げられ、コンパクトかつ汎用性の高いものとなっています。

  • 1. アナログ8ch、演算10chの計22chデータ収録・伝送
  • 2. 自社サーバーへのデータ伝送
  • 3. ソーラーバッテリー対応
  • 4. 外気温、大気圧、湿度、バッテリー電圧は標準測定項目
  • 5. 定期的な静止画像の自動送信

温泉モニタリング実績一覧