スリックラインその他の坑井内サービス

OTHER SERVICESその他の坑井内サービス

スリックライン

当社はその他にも、生産井における作業として、チュービングパイプを補修するパックオフツール、坑内のゲージ通しのためのスウェジング・ツール、坑井内のパラフィンなどを除去するスクレーパーなど多様な種目のサービスを提供します。また坑内に遺留されたツールのフィッシング作業にも対応します。スリックラインはアーマードケーブルに比べて伸びが小さく、上下方向に強大な衝撃力を発生させる事が可能なため、強固な抑留において強みを発揮します。
安全で確実な坑井内サービスによって、坑井の能力維持・向上をサポートします。

主な種目

パックオフツール

腐食やその他の原因でチュービング・パイプの一部分だけに割れ目や穴ができてしまうと、生産に支障をきたします。そこだけを塞ぎたい時に、パック・オフ・ツールで不良部分の上下にパッキンを効かせて中間をチュービングよりも少し細いパイプで塞ぐことができます。

スウェッジングツール

何らかの原因によるチュービングパイプの変形、あるいは腐蝕やスケール付着などによりツールが管内を通過できないことがあります。そのような時、わずかな変形であればスウェジングツールを変形部に叩き込んで通過させることにより、チュービング内径を復元することができます。

パラフィンスクレーパー(パラフィンとハイドレート除去作業)

生産流体の特性や生産のさせ方によっては、チュービングパイプ内にパラフィンやハイドレートが付着して、ついにはパイプを塞いでしまうことがあります。このような時にはスリックラインでパラフィンスクレーパを降下し、パラフィンやハイドレートを削り取ることができます。また、坑口から、あるいはベーラーを用いて溶剤を滴下して、パラフィンやハイドレートを溶かす方法もあります。封鎖部が導通して坑内圧力がかかっても、リューブリケータ等の地上設備で圧力が保持されるので安全に作業ができます。

サンプラー

貯留層の状態を知るには、産出流体の性質を調べる必要があります。しかし、貯留層の高い圧力を大気圧に下げてしまうと、状態の変わってしまう成分もあります。そこで、試料を採取した時の圧力を維持したまま地上に回収できるサンプラーを使い、分析所まで運搬します。

チュービングパンチャー

チュービングパイプの内外を導通させたい時には、チュービングパンチャーを使って管壁に10mm程度の穴を穿孔します。パンチャーには穿坑用のパンチとそれを押し出すための傾斜路があり、チュービングパイプ内の穿坑場所に本体をセットし(図内左)、ジャーアップして本体と傾斜路を固定しているシェアピンを切ってパンチを始め(中図)、傾斜路の最大部で穿坑を完成(右図)させます。さらにジャーアップしてパンチを本体内に収納し、本体をチュービングパイプからリリースして回収します。
チュービングパンチは、ガスリフトによる生産の促進、抑圧流体の循環、チュービングパイプやアニュラスの流体入れ換えなどのために行われます。

フィッシング

スリックライン作業ではチュービングパイプ内にツール等を落とさないよう慎重に作業にあたりますが、想定外に砂やパラフィン等が詰まった状況に遭遇するとツール抑留のリスクが高まります。こうした場合には、無理に強引せずにピアノ線だけを回収して、遺留してきたものを採揚しやすい編成のツールを降下します。スリックラインで使用するツールにはフィッシングネックと呼ばれる「掴む部分」があるので、このように意図的に置いてくる選択が可能です。ピアノ線を回収するには、ゴーデビルやラインカッターを落として、ツール頭部でピアノ線を切断しますが、ピアノ線の途中で切断するサイドカッターもあります。
遺留ツール等の位置(深度)や、頭部の形・状態を確認するには鉛の成形物を降下して、変形した跡から状況を判断します。
砂等が遺留頭部に堆積している場合にはベイラーで除去してから採揚作業に入ります。

高傾斜井サービス

通常のスリックライン作業では、錘の自重で坑内に降下させますが坑井の傾斜に影響され限界があります。しかし、高傾斜井専用の降下編成を用いることにより、ターゲットまで降下させることができ、精度の高い測定が可能になります。通常の降下編成では傾斜60deg程度までしか降下できませんが、高傾斜専用機器(ローラーバギー)を装着することで傾斜約80度まで降下させることに成功した実績があります。