物理検層温度・圧力・流量検層

PRODUCTION LOGGING温度・圧力・流量検層

物理検層

坑井内の温度・圧力・流速を計測することで、坑内流体の状態と流動状況を評価するサービスです。当社の所有する耐熱350℃のプロダクション検層ツールは、過酷な噴気環境の下で温度・圧力、流速に加えて自然ガンマ線、CCL(Casing Collar Locator)を同時に取得でき、適切な深度コントロールの下で地熱坑井の能力評価に威力を発揮します。流量計測にはこれ以外に電磁式、ヒートパルス式の検層ツールがあり、流速に応じてこれらを使い分けます。

主な種目

温度・圧力・スピンナー検層

温度・圧力・流量を同時に計測する耐高温スリム型(耐熱350℃、外径63.5mm)の検層ツールです。地熱井はもちろん、石油・天然ガス井、地盤調査のHQ孔にも対応します。検層ケーブルを通じてリアルタイムでデータを地上に送るタイプと、内蔵したメモリにデータを保存するタイプがあります。温度、圧力、スピンナーに加えて、ガンマ線、CCL(Casing Collar Locator)を同時に測定できるため、深度補正にも優れています。

仕様

全長
2.7m
外径
44.5mm (着脱式スピンナー部 54.0 mm)
重量
20kg
耐圧
70MPa
耐熱
350℃(4h)
取得データ
温度、圧力、スピンナー、自然ガンマ線、CCL(Casing Collar Locator)

温度・圧力・スピンナー検層(メモリ式)

メモリ式の温度・圧力・スピンナー検層機はスリックライン(耐高温ピアノ線)により坑井内に降下できるため、検層ケーブルの耐熱温度を超える350℃環境での測定が可能です。また、スリックラインによる検層は専用の防噴装置により坑口圧力をシールしたままスムーズな昇降操作が可能で、坑口圧力の高い坑井でのプロダクション検層に適しています。温度、圧力、スピンナーに加えて、ガンマ線、CCL(Casing Collar Locator)を同時に測定できるため、深度補正にも優れています。

仕様

全長
2.7m
外径
44.5mm (着脱式スピンナー部 54.0 mm)
重量
20kg
耐圧
70MPa
耐熱
350℃(4h)
取得データ
温度、圧力、スピンナー

電磁式フローメーター検層

電磁型フローメーター検層は、電磁流量計と同じファラデーの法則(電磁誘導の法則)を利用した検層種目です。そのため、従来のインペラー型フローメーター検層やヒートパルス型フローメーター検層と比較すると測定範囲が非常に広いのが特長です。坑内ツール下部のフローチューブ内に電磁センサーが組み込まれており、流速を測定します。同時に坑内流体の温度と比抵抗も測定します。
正確な流量を計測するには、ダイバーターで坑内流体の流れをすべてフローチューブ内に集中させ、測定ポイントごとに停止して測定を行う必要があります。そのため、ヒートパルス型フローメーター検層と同様に、亀裂のない位置や坑壁が安定している位置でダイバーターを坑壁に密着させる必要があります。
電磁型フローメーター検層は、インペラー型フローメーターのようにインペラーなどの回転する動的部分がないため、機械的ノイズがほとんど発生しないのも特長です。

ヒートパルス型フローメーター

ヒートパルス型フローメーターは、従来のインペラー型フローメータにおける測定限界以下の微流量を計測するためのツールです。このツールは、フローチューブ内にあるヒーターグリッド、その上下に一定距離をおいて配置された温度センサー(サーミスタ)とダイバータ等で構成されます(上図)。ヒーターグリッドに電流を流すことにより、ヒーターグリッド周囲の流体は約1゚F加熱され、熱的な目印(ヒートパルス)が生じます。このヒートパルスが流体移動により、ヒートグリッド上下のサーミスタに移動し流体の温度変化が検出されます(下図)。このヒートパルスのピーク到着時間を測定することにより、流量が計算されます。同時にヒートパルスが上下どちらのサーミスタで検出されたかを知ることにより、上昇流か下降流かを決定できます。ヒートパルス型フローメーターは、坑井内の任意の測定ポイントごとに停止して測定を行います。正確な流量を計測するには、ダイバーターで坑内流体の流れをすべてフローチューブ内に集中させる必要があり、亀裂のない位置や坑壁が安定している位置にダイバーターをきかせる必要があります。