掘削モニタリング地熱井用ドリリングレコーダー(SSX-Lite)

GEOTHERMAL WELL DRILLING RECORDER地熱井用ドリリングレコーダー(SSX-Lite)

掘削モニタリング

SSX-Liteは石油・天然ガス掘削井で使われているマッドロギング システム SSXを簡易化したもので、厳選したパラメータで掘削モニタリングを行うシステムです。小規模な掘削現場に適しており、データの収集と収録を1台の装置に集約しています。また、機器類の接続を簡素化することで現場での設置作業時間を短縮し、コストの低減を図っています。簡単なタッチパネル操作で運用ができ、専任エンジニアの駐在は不要です。

主な種目

SSX-Liteの測定項目

SSX-Liteの特徴

掘削規模に応じて柔軟にシステムを設計し、コンパクトながら効率的な掘削をサポートします。システムの操作やメンテナンスも容易のため、専任エンジニアが不要です。データの有効利用により、掘削コストを抑え、また、ITを活用した遠隔地モニタリング にも対応しています。

タッチパネル式コンピューター:リモート・オペレーション・ターミナル(ROT)

ドリルフロア、シェールシェーカ-、ピットルームなど、モニタリングデータの表示を必要とするどんな場所にでも設置することが可能です。ドリラー傍に設置することで坑内で発生する異常をいち早く捉えることができます。また、タッチパネル式コンピューターのため、鉄管の深度やビット荷重など、各種調整や設定が容易です。

掘削深度:ロータリーエンコーダ

ドローワークスのドラム軸に設置します。ドラムのUp・Downの回転を計測し、演算処理を加えて掘削深度として表示します。掘削深度は掘削モニタリングの中で最も重要な測定項目で、掘進率(移動速度)、アニュラスボリューム(坑内容量)などの計算に使用します。

ロータリートルク:クランプ式センサ

掘削リグの交流モータに設置します。ロータリーテーブルのモータ電流(armature:電機子)を計測し、ロータリートルクとして表示します。掘削中の地質の変化、ビットの異常、逸泥の兆候を早期に検知します。

ポンプスピード:近接センサ / リミットスイッチ

泥水ポンプのピストンライナー付近に設置します。ポンプライナーの動きを検知し、ポンプストローク数、ポンプ稼働時間を計測します。また、計測したポンプストローク数から演算処理で泥水送水量およびラグタイム(坑底から地表までの到達時間)を計算します。ポンプ稼働時間は、ポンプライナーの使用時間管理に活用されます。

泥水タンク容量:超音波式レベルセンサ

掘削泥水の地上タンクの上部に設置します。個別タンクの増減する泥水の液面を超音波で計測し容量として表示します。個別のタンク容量を合算した総容量としての表示も可能で、総容量の時間的な傾向を監視することで、坑内の逸泥や溢泥を早期に検知することができます。

泥水温度:測温抵抗体センサ

掘削泥水用地上タンクの送水側と排水側との2箇所に測温抵抗体センサを設置し、泥水の温度を測定・表示します。泥水の管理だけでなく、坑底温度の推定にも役立てることができます。

モニタリング装置遠隔操作:リモートデスクトップソフトウェア

掘削現場に設置されたモニタリング装置のメンテナンスは、当社エンジニアの現場訪問だけでなく、インターネットを利用した遠隔操作で対応することができます。遠隔メンテナンスの利点は対応の迅速性にあり、モニタリング装置に不具合が生じた場合の欠測期間の短縮とメンテナンスコストの削減に有効です。