掘削モニタリング石油井用マッドロギング(SSX)

OIL WELL MUD LOGGING SYSTEM石油井用マッドロギング(SSX)

掘削モニタリング

SSXシステムは、当社が国内唯一のマッドロギングコントラクタとして30年以上培ったノウハウを集約し自社開発したマッドロギングシステムです。大型掘削機を使用した石油・天然ガス井から小型掘削機を使用した調査井まで、さまざまな掘削現場に対応できるように柔軟性を追求したシステムです。拡張性の高いシステムにより幅広いニーズに応え、品質の高いデータを提供いたします。

主な種目

SSXの測定項目

SSXの特徴

掘削規模に応じて柔軟にシステムの設計が可能です。専任エンジニアが常駐することで、早期に逸泥・溢泥などの検知が可能となり、掘削作業の効率化と安全確保に役立ちます。ITを活用したデータ転送により、取得データを坑井から離れた遠隔地でもリアルタイムでモニタリングできます。掘削情報のデータベース化とその有効利用により掘削コストの低減をサポートします。

炭化水素連続測定:ガスクロマトグラフ

坑内からリターンした循環泥水を専用のデガッサ(脱ガス装置)で撹拌することでガスを抽出します。抽出されたガスを吸引ポンプにより高精度トータルガス検知器とガスクロマトグラフに送り込み、連続的にガスの成分を測定します。

掘削深度:ロータリーエンコーダ

ドローワークスのドラム軸に設置します。ドラムのUp・Downの回転を計測し、演算処理を加えて掘削深度として表示します。掘削深度は掘削モニタリングの中で最も重要な測定項目で、掘進率(移動速度)、アニュラスボリューム(坑内容量)などの計算に使用します。

ロータリートルク:油圧トランスミッター

掘削リグの油圧トルク装置(油圧ホース)に設置します。ロータリーテーブル ドライブチェーンの張力を受けるアイドラホイール シリンダーの油圧変動を計測し、トルクとして表示します。掘削中の地質の変化、ビットの異常、逸泥の兆候を早期に検知します。

ポンプスピード:近接センサ / リミットスイッチ

泥水ポンプのピストンライナー付近に設置します。ポンプライナーの動きを検知し、ポンプストローク数、ポンプ稼働時間を計測します。また、計測したポンプストローク数から演算処理で泥水送水量およびラグタイム(坑底から地表までの到達時間)を計算します。ポンプ稼働時間は、ポンプライナーの使用時間管理に活用されます。

ポンプ圧力:油圧式トランスミッター

掘削泥水の送水ライン(スタンドパイプ)のゲージプロテクタに設置します。ダイヤフラムから伝えられる作動油の圧力を測定しポンプ圧力として表示します。泥水ポンプや送水ラインの異常、鉄管のピンホールやビットノズルのプラグ・脱落、逸泥などを早期に検知します。

泥水タンク容量:超音波式レベルセンサ

掘削泥水の地上タンクの上部に設置します。個別タンクの増減する泥水の液面を超音波で計測し容量として表示します。個別のタンク容量を合算した総容量としての表示も可能で、総容量の時間的な傾向を監視することで、坑内の逸泥や溢泥を早期に検知することができます。

リアルタイムデータ通信:SSX-WEB通信

掘削現場のモニタリングデータは、電話回線、ポケットWiFi、衛星通信端末からインターネットを介し、遠隔地でもリアルタイムで閲覧できます。データの閲覧は、パソコン、タブレットやスマートフォンからインターネットのWEBブラウザを利用していつでもどこでも可能です。また、深度・時間データなどのモニタリングデータを、このリアルタイムデータ通信を通じてダウンロードすることも可能です。