スリックライン坑内調査

WELL SURVEY坑内調査

スリックライン

坑井内の堆積物や付着物の調査にはベーラーやゲージカッターが用いられます。また、坑井内流体の温度、圧力、流動状態の計測も、メモリ式の坑井内ツールを用いることでスリックラインによって行うことができます。高温・高圧の坑井で坑口のシールが必要なプロダクション検層には、シール性の高いスリックライン検層が効果的です。さらに、メモリ式のマルチアームキャリパーは管内の腐蝕状況を高精度で評価することが可能です。

主な種目

マルチアームキャリパー

チュービングパイプやケーシングの内径を24本の高分解能キャリパーで測定し、変形・曲がり・腐食・穴などの異常やスケール・パラフィンの析出具合を検出します。地上でプログラミングされたタイミングでアームを開閉させ、アームの開度を内部メモリーに記録し、地上でデータを読み取ります。同時に自然ガンマ線や方位傾斜なども測定できます。

仕様    MFC24C

全長
5,584mm
外径
42.9mm
重量
40kg
耐圧
105MPa
耐熱
175℃
坑径
45mm〜180mm
測定範囲
傾斜:0°~180°
方位:0°~360°
ガンマ線強度:0 ~ 10,000 API

用途

  • チュービング/ケーシングの内径測定
  • チュービング/ケーシングの腐蝕調査、減肉調査
  • チュービング/ケーシングのスケール付着状況調
  • チュービングプラグセット時の事前坑内調査
  • ジェットポンプ等の坑内機器設置時の事前坑内調査

温度・圧力・スピンナー検層(メモリ式)

メモリ式の温度・圧力・スピンナー検層機はスリックライン(耐高温ピアノ線)により坑井内に降下できるため、検層ケーブルの耐熱温度を超える350℃環境での測定が可能です。また、スリックラインによる検層は専用の防噴装置により坑口圧力をシールしたままスムーズな昇降操作が可能で、坑口圧力の高い坑井でのプロダクション検層に適しています。温度、圧力、スピンナーに加えて、ガンマ線、CCLを同時に測定できるため、深度補正にも優れています。

仕様

全長
2.7m
外径
44.5mm (着脱式スピンナー部 54.0 mm)
重量
20kg
耐圧
70MPa
耐熱
350℃(4h)
取得データ
温度、圧力、スピンナー

ゲージカッター

チュービングパイプの中にパイプ内径に近い外径のツールを降下する時には、予めひっかかり等の障害(パラフィンやスケール・沈殿物)が無いことを確認しておく必要があります。こうした時に、チュービングパイプおよびそこにセットされている坑内機器の外径に合わせて選択したゲージカッターを降下させて、目的の深度まで通過するかどうかを調べます。その他に、チュービングパイプ内にツールを遺留した際に、その頭部の位置(深度)を調べるためにも使います。

ベイラー

チュービングパイプ内に沈殿した砂や粒状の物質を吸い取るサービスです。砂を含んだ流体を生産している坑井を密閉すると、砂やゴミが坑底に沈殿し、生産障害や坑内機器操作の妨げの原因となります。ベイラーにはピストンタイプとハイドロリックタイプの2種類があり、用途によって使い分けます。ベイラーで沈殿物を回収し終わったら、インプレッション・ツールで坑底の状況を確認します。